株価指数CFDを始めるならくりっく株365

株価指数CFDを始めるならくりっく株365

店頭CFDと取引所CFD

CFDを取引するには証券会社に口座を用意する必要がありますが、それには2種類の方法があります。 手数料が無料で短期売買向けの店頭CFDと、配当金相当額が貰える長期保有向けの取引所CFDです。今回は長期保有を前提にしているので取引所CFDについて紹介します。
取引所CFDではマーケットメイカーと呼ばれる、金融取へ価格の提供を行っている金融機関より提示される価格の中から、最も安い売り価格(売呼び値)と、最も高い買い価格(買呼び値)が抽出され、その時点における最も有利なマーケットメイカーによる価格で取引を行なうことができます。

くりっく株365とは?

4大株価指数
出典:東京金融取引所

くりっく株365とは東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称です。
「取引所CFD」=「くりっく株365」といってもいいでしょう。 「日経225(日本)」「NYダウ(アメリカ)」「DAX(ドイツ)」「FTSE100(イギリス)」の4か国の株価指数をほぼ24時間取引が可能です。 くりっく株365で取引を行うためには証券会社に口座を用意する必要があります。 下記の証券会社で取引ができますが、おすすめは岡三オンライン証券です。
手数料は最安ではありませんが長期保有では無視できる金額であり、ロスカット基準値を証拠金有効比率50%に設定できるので強制決済しにくい運用が可能です。

主な取引参加者

岩井コスモ証券
インヴァスト証券
SBI証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
ひまわり証券
マネックス証券
マネースクエア


関連記事→株価指数CFDとは?


ランキングに参加しています
にほんブログ村 為替ブログへ